■梱包を安くする方法(梱包資材・梱包作業)

せどりは全品に発送作業(=梱包作業)が発生します。ホームセンターに行けば梱包資材も多数売っていますがそういうものを使っていると高くつきます。各梱包資材についてなにがベターかを考えて見ましょう。

●梱包テープ(基本は100円ショップで買う)

100円ショップは品質が問題? 梱包資材にあまり品質は関係ありません。以下はそれぞれ100円

梱包用テープ

●テープは何がいいか?

結論から言えばOPPテープがベストでしょう。理由は以下の通り。

①一般的なガムテープ(布製のガムテープ)

価格:高い
扱い:扱いやすい(=テープ自体が厚いので、取り出しやすく切りやすい)
メリット:扱いやすさ
デメリット:高い

②クラフトテープ(紙製のガムテープ)

価格:安い
扱い:扱いやすい(=テープ自体が厚いので、取り出しやすく切りやすい)
メリット:扱いやすさ
デメリット:表面がつるつるなので重ね貼りが出来ない。重ねた所は剥がれる。

③OPPテープ(セロハン製のテープ)

価格:安い
扱い:扱いにくい(=テープに巻きついてしまった場合、剥がし始めるのに苦労する。)
メリット:安い:重ね貼り可能。透明なので梱包パッケージが見える。
デメリット:扱いにくい

 

 

●梱包材・ダンボール他

ホームセンターでは1個数百円で売っていますが、それは非常にもったいないでしょう。

基本的には、”家に届いた物を取っておく” ”スーパーなどでもらってくる” でしょう。

●緩衝材

これもホームセンターで売っていますが、それももったいないです。基本的には新聞紙やダンボールを加工して済ませましょう。要は商品が傷付かない様にすればよいわけです。

 

Update 2016/09/07  Update 2015/10/10

 

 

関連記事


宅配便料金比較
せどりに必須となる宅配料金。安く送る事は顧客及び自分の利益になります。どこの何が良いのでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
     

このページの先頭へ